トップ業務案内事務所案内会合セミナー案内税務・会計カレンダー所報お問い合わせ〜契約の流れリクルート過去セミナー

税理士法人細川総合パートナーズ
2015年7月13日
【欠損金の繰越控除の延長】
前回の所報では、平成27年度税制改正の概要をお伝えいたしましたので、今回はその中でも欠損金繰越控除(赤字の繰越し)の延長見直しをお伝えいたします。
そもそも欠損金とは、財務会計上の赤字のことをいい、税法上は赤字ではなく欠損金と呼びます。現在の繰越期間は9年(平成20年4月1日以後に終了する事業年度に生じた欠損金)とされていますが、平成29年4月1日以後に開始する事業年度に生じた欠損金は10年になります。 赤字を繰り越すことによって翌年度以降に納めるべき法人税を安くすることができるため、企業が安定して存続するために必要な配慮であると考えることができます。なお、上記延長により帳簿書類の保存期間も10年に延長されますのでご注意ください。