トップ業務案内事務所案内会合セミナー案内税務・会計カレンダー所報お問い合わせ〜契約の流れリクルート過去セミナー

税理士法人細川総合パートナーズ
2017年6月8日
【合併における繰越欠損金の引継ぎについて】
最近、グループ企業内の再編、特に合併の相談が増えてきています。
グループ内の合併では、適格要件は比較的容易に充足することができますが、合併で慎重な検討を要するのが繰越
欠損金の制限規定です。
つまり、法人が適格合併を行った場合、合併される法人が有する繰越欠損金のうち、合併日前9年(H30年4/1以後開
始事業年度からは10年)以内の欠損金について合併法人の欠損金として引き継がれ、合併法人の所得との相殺が
認められるため、租税回避のために合併が利用される可能性があります。それを防止するために個々の制限規定が
設けられています。
合併を検討されている経営者様におかれましては、合併の時期、株主名簿の管理等、事前に当法人にご相談くださ
い。